Concept

未来へ、つなげる思い。SAVE THE OCEAN 海が泣いています。10年前に比べて沖縄のサンゴが1/10に。


ECO

何気ない一杯のコーヒーで 沖縄の海にサンゴが増える。 
サンゴから生まれた サンゴを育てる35COFFEE

Just a casual cup of coffee can help increase the coral in Okinawa’s oceans.
Born from coral itself, 35COFFEE nurtures coral reefs.


35COFFEEのこだわり

今、地球温暖化や大気汚染など、様々な原因から、地球の美しさや良さが失われつつあります。
そして、この沖縄の海(サンゴ)にも少なからず影響はでてきています。
私達35COFFEEは、沖縄の環境の為、また未来の子供たちの為にも、何か出来る事はないか考えました。
小さな島企業の私達が出来ること
それは、少しずつ「小さな気持ち」をゆっくりとしっかりと未来へつないでいくこと
エココンシャスなライフスタイルを提案し続ける事だと考え
“サンゴ再生プロジェクト”
35COFFEEの売上3.5%を使いベビーサンゴ移植する活動が始まりました。

毎日飲む一杯のコーヒーから始まるスタイルコーヒー。

Currently, as a result of global warming, and other factors,
the beauty and wonder of the Earth is gradually being lost.
The effects of this can be felt considerably here in the waters of Okinawa too, particularly in the coral.
We at 35COFFEE, contemplated on what we as a company could do
for Okinawa’s environment, as well as for the future generations.
We felt that it would be possible for small island company such as ours to keep displaying
an environmentally conscious lifestyle, to work, little by little, to link “Hope and Imagination” to the future.
"The result was the Coral Regeneration Project."
Using 3.5% of 35COFFEE’s sales, we began efforts to transplant baby coral.

A style coffee that starts with the cup of coffee that you drink every day.


サンゴ再生活動

2010年2月移植
2010年2月移植
Transplanting in February 2010

移植6ヶ月後
移植6ヶ月後
6 months after transplanting

移植12ヶ月後
移植12ヶ月後
12 months after transplanting

移植18ヶ月後
移植18ヶ月後
18 months after transplanting

移植18ヶ月後には、サンゴが立派な群集に育ち、小魚の家となり、
そこには中型魚、大型魚、その他生物が共存し「海」の生態系へとなります。

Eighteen months after being transplanted, the coral grew into a wonderful colony that became a home for small fish.
Coexisting with medium-sized fish, large fish, and other organisms, it became an ecosystem of the sea.


焙煎の違い

収穫・精製された生豆(きまめ)は味も香ばしさもほとんどなく、
この状態では飲むことはできません。
生豆は火で炒って“焙煎(ロースト)する”ことで水分が除かれ成分が化学変化し、
素晴らしい香りを放つようになります。
同時にこのとき、苦味、酸味甘味等、コーヒー独特の風味もうまれます。
風化サンゴを使って、ゆっくりと時間をかけて、じっくりとコーヒー生豆を焙煎することで
コーヒー豆本来の、まろやかな風味を追求しました。

Raw coffee beans that have been picked and had impurities removed have little taste or aroma and are not suitable for drinking.
Roasting dries out raw coffee beans and gives rise to various chemical changes,
resulting in the release of a wonderful aroma.
As this is happening, the characteristic flavors of coffee beans come into being—bitterness,
acidity, sweetness, and so on.
We strive to bring you the mellow flavor that is intrinsic to coffee beans
by slowly and carefully roasting our raw coffee beans over dead coral.


Sango Roast Coffee

コーヒーの焙煎には、直火焙煎、炭火焙煎等色々ありますが、 35COFFEEは『風化したサンゴ』を
200度以上まで温めて、コーヒー生豆を焙煎します。
サンゴ熱でじっくり焼き上げるためコーヒー本来のまろやかな美味しさをたのしめます。
また、焙煎コーヒー豆の焼きむら部分(コーヒーの雑味部分)をシルバースキンといいますが、
35COFFEEはそのシルバースキンをグラニュレーター製法により除去することで、
コーヒー豆本来のクリアな味わいを追求しました。

Coffee can be roasted in a variety of ways,
including direct flame roasting and charcoal roasting.
The raw coffee beans used to produce 35COFFEE are roasted by heating dead coral to over 200 degrees.
We take our time to roast our beans over this “coral heat”
so that you can enjoy coffee’s characteristically delicious, mellow flavor.
In addition, we strive to bring you the clear taste of coffee beans
by removing the silver skin—the part of the bean that creates unevenness
or impurities in flavor—using a granulator.


35coffee = モノトーン【 白黒 】

サンゴ焙煎前の風化した骨格サンゴ 【 白 】
サンゴ焙煎後の風化した骨格サンゴ 【 黒 】

35COFFEEのロゴは
風化した骨格サンゴがサンゴ焙煎で変化した色、
【 白黒 】をモチーフにしたデザインです。

Weathered coral skeletons before sango roasting (white)
Weathered coral skeletons after sango roasting (black)

35COFFEE's logo incorporates a design motif that depicts the change of
color that weathered coral skeletons undergoe when roasted in our sango roast process.


おきなわのサンゴと35COFFEE沖縄限定コーヒー

おきなわの「サンゴ」は県の漁業法にて県外への持ち出しが禁止されています。
(死んだ骨格サンゴもです)

よって、
「サンゴ焙煎コーヒー」は沖縄でしか作ることが出来ないCOFFEEです。

Okinawa's coral, including dead coral skeleton,
is prohibited from being removed from the prefecture by the prefectural fishery law.

This means that coral roasted coffee can only be produced in Okinawa.